落とし穴にご用心

住宅

吉川市で新築一戸建てする際に注意すべき点がいくつかあります。その事に注意しながら購入することによってミスする確立を下げる事が出来ます。新築一戸建ての中でも券売と建築条件付きがある事を知りましょう。建売は、実際に建物が建っている状態か建途中の建物の事を言います。建築条件付きは、建築業者を指定して依頼する事で土地も一緒に購入出来る制度です。建売は土地も建物もセットで購入ですが、建築条件付きは土地と建物がバラバラという事です。そのため、仲介手数料に違いが出てきます。建売物件の建築会社を調べましょう。不動産会社で扱われている建物の広告で建築会社が書かれていない事があります。建築会社を知る事で家の特徴などを調べる事が出来るので、不動産に確認をしましょう。ついでに、図面や保証体制などもまとめて不動産に確認する事で今後の対応も楽になるでしょう。

新築一戸建てを吉川市で購入する際に一番気を付けたい事が保証年数です。新築一戸建てを利用する場合は10年保証があるから大丈夫ですとスタッフの方が口癖のように言いますが、10年保証は絶対につけなければならない保証期間であり、保証内容としては構造体力に関わる部分と雨水に寄る侵入防止の項目は義務なのです。そのため、10年以上の保証をしている企業は優良企業となります。言葉に騙されないようにしましょう。10年保証以外にも住宅設備などは1~2年程の保証期間が用意されています。アフターサービスに関わる部分であり、サービスに含まれる部分なので、企業の任意となる部分です。サービスと保証は異なるので注意して確認しましょう。境界線をはっきりさせる事も大切です。吉川市は需要がある土地なので隣と密接になる事もあります。なので、絶対に敷地領域を曖昧にしないようにしましょう。境界を明示する事が法律で定められているので必ず確認しましょう。隣人トラブルの元となります。確認を怠らない事で家の条件を良くする事が可能となります。しっかりと確認して家の条件を良くしましょう。